バストアップ 方法

バストアップの仕組み

 

胸が大きくなるというのはどういうことなのか?

 

これを知ることで、今後どう行動すればいいのかが良く分かります。

 

私も本気で書きますので、本気で読んでください!(ちょっと熱血すぎ?←

 

 

バスト、つまりおっぱいは主に、

  • 皮膚
  • クーパー靭帯
  • 乳腺葉
  • 乳頭
  • 乳管群
  • 乳房内脂肪組織
  • 大胸筋
  • 肋骨

 

から成っています。

 

このうち、バストアップに重要なのは、

  • 乳腺
  • 乳房内脂肪組織

 

の2つです。

 

乳腺は母乳を作る器官ですね。

 

乳房内脂肪組織と言うのはその名の通り脂肪です。
乳腺と乳房内脂肪組織と言うのは1:9の割合です。
ほとんどが脂肪でできています。

 

ということでこの乳腺と乳房内脂肪組織と言うのが増えればバストアップできることになります。

 

成長期(思春期)には女性ホルモンが活発になってバストを大きくしてくれますが、
この時期が終わると残念ながらあまり期待できません。

 

「じゃあ諦めるしかないの?」

 

というとそんなことはありません!!

 

今は化学が進化していろいろなバストアップ法があるのでまだあきらめないでください。

 

具体的なバストアップ方法

 

1つ1つ見ていきましょう。

 

まず簡単に始められるのがサプリメントです。
サプリメントの原理をご存知ですか?

 

バスト系のサプリメントにはほとんどプエラリアというのが入っています。

 

外国の植物です。もっとわかりやすく言うとお芋です。
このプエラリアには女性ホルモンに似た働きをする成分が入っています。

 

成長期が終わって女性ホルモンが足りないならプエラリア摂っちゃおう!ということですね。

 

原理はとても簡単です。

 

次にクリームです。

 

例えば測ってDカップあったとしても形が良くなかったりすると
小さく見えてしまいます。

 

そんな時にハリや潤いで形を整えるのがクリームです。

 

顔には美容液を塗って保湿しますよね?
バストにもそれが必要なんです。

 

このクリームとマッサージを併用することで理想のバストに近付けます。

 

次にマッサージです。

 

マッサージは胸の血行を良くすることでバストにハリを与えてくれます。

 

ハリ=バストアップということですね。

 

また、マッサージには老廃物を外に出したりできるので肌の調子も良くなり、おすすめです。
クリームなども併用したいですね。

 

次にブラジャーです。

 

これもどちらかと言うと形を意識していますが、崩れて垂れてしまう前の対策です。

 

とくに、寝る前にノーブラで寝てしまっていませんか?

 

ブラジャーをしないでいると胸が重力に負けてしまってどんどん垂れてしまいます。

 

冒頭にも出てきたクーパー靭帯が伸びてしまうためです。

 

このクーパー靭帯は一度伸びると元にもどりません・・・。
垂れると小さく見えてしまうので、垂れる前にしっかりブラジャーで対策してください。

 

次に豊胸手術です。

 

お金がかかってしまいますが、一番簡単で素早いです。
最近は利用者も増えています。

 

手術と言うと怖いイメージですが、いくつか種類があります。

 

中でも多いのが脂肪注入ですね。

 

この脂肪ですが、人工的に作った物ではなく、自分の体から採取して
胸に入れるので、安心感があります。

 

でもやっぱりお金がかかってしまうので検討される方は医師に相談しましょう。

 

一番オススメなのは・・・

 

この中で一番オススメなのはサプリメントです。

 

理由は、簡単でお手軽なところです。
今主要なサプリメントは5種類くらいでしょうか。

 

各メーカーで特徴が少しずつ違うのでどれを買うべきかは良く調べたほうが良いです。

 

その選ぶ際に気を付けたいのが、
口コミ、副作用の有無、値段、返金保証はあるか?
の点です。

 

ここさえ押さえておけばとりあえず大丈夫なので失敗しないようしっかり選定してください!